【情報共有】空間噴霧の必要性についての言及(危機管理コンサルタントで(株)あかりみらい代表/一般財団法人次亜塩素酸水溶液普及促進会議代表理事の越智氏)

危機管理コンサルタントで(株)あかりみらい代表/一般財団法人次亜塩素酸水溶液普及促進会議代表理事の越智氏が、空間噴霧の必要性について強く言及されていますので、情報共有させていただきます。

~以下、一部内容を抜粋~
フローリングはモップで水拭きできますが、カーペットの清掃はどこも掃除機です。
最近の掃除機はフィルター性能が良くなりましたが、それでもダニやほこりを盛大に舞い上げます。
新型コロナウィルス一番溜まるのは床です。空間に舞い上がったウィルスは換気しなければ落下するまで何日も漂い、また机や床に落下します。
(中略)
結局、3密の回避だけでは感染を防ぐことは困難で、最終手段は空間、床面、壁面、机上、備品すべてを除菌する 【次亜塩素酸水の空間ミスト噴霧しかない】 のです。
3密回避&除菌が基本動作なのです。

学校現場の先生たちからは毎日の机と椅子のアルコール拭き取りで「もう限界」という声があがっています。
空間噴霧については科学的根拠のない風評を真に受けている父兄もまだいるようですが、今まで数多くの公的機関の動物実験で安全性は証明されており、過去何万件の使用で事故報告もありません。
(中略)
正しく取扱えば吸い込んでも人体に害はありません。
(中略)
住民の命を守り集団感染による自治体の崩壊を防ぐために次亜塩素酸水溶液生成パウダーの備蓄と空間除菌と施設殺菌のための噴霧器をご用意ください。
—————————————————————————————————————————————-
(出所:あかりみらいホームページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です